<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

・画像をダブルクリックして[Expand]ボタンをクリックすると動画を拡大できます。



男池といえば、やはり夏をイメージするが秋もなかなかものである。

原生林に囲まれ、まるで異空間に存在するかのごとく私自身もその中の植物ののようなひとつの生命ような気がしてくる。

前回にアップした両子寺のような派手さはないが、これはこれで雰囲気がある。

かなり歩いた。夢中でシャッターをきる。

さすがに平日故に、あまり人とはすれ違うことはなかったし、原生林の林の中はもうすっかり薄暗かったが決して寂しくはなかった。


これが生命のもつエネルギーだろうか、何だか少しだけ元気になったような気がした。

数千年の時を超越した息吹を感じた。


帰り道、坂の途中で携帯の電話がなった。商談の電話だった。
私は既に息切れしていたが、それを隠すがごとく深呼吸して息を整えながら会話をした。

商談は無事に成立した。

私は思わず心の中でありがとうと呟いた。
実にすがすがしい夕暮れ時だった。

d0156170_20585424.jpg

[PR]
by DZE03247H | 2010-12-06 21:01
・画像をダブルクリックして[Expand]ボタンをクリックすると動画を拡大できます。



この1ヶ月は本当に忙しかった。それにPCも調子が悪く、11月は1件もブログを更新できなかった。

なんとも怠惰だ。

この両子寺の紅葉も大分前に撮影したものだ。

ここの紅葉は国東の数ある神社、仏閣の中でも非常に美しいと評判の寺である。
2度程、訪れたことはあるが紅葉の時期に来たのは初めてである。

やはり美しい。色彩のコントラストが見事だった。

時間が許されるならば、まだベストポジションはあるのだが、
この日は時間がなかった。

両子寺は境内以外にかなり広い敷地にある。

それを全部撮影していたら、真っ暗になってしまい 方向音痴の私は無事に帰宅することができただろうか。

BGMは小野リサにしてみたが、このマイナーコードのイントロが何となく紅葉と合っているいような気がしたが、やはりボサノヴァには夏の景色がよく似合うと改めて思った。

私は迷子にならないうちに、いやおうなしに両子寺をあとにした。

そしてネオン街へとひたすら車を走らせた。

d0156170_17144571.jpg


d0156170_17232631.jpg


[PR]
by DZE03247H | 2010-12-06 19:49